地主でなくても大家になれる

【今現在、元手となるような「土地」も「大きな資産」も持っていない現役サラリーマンのような職業の方でも、新築アパートやマンションを建設し、運営することで儲けることができる】と言ったら、どう思われますか?

「アパート」や「マンション」という言葉を耳にして頭に浮かぶのは、ほとんどの人は「借りるもの」もしくは「買うもの」として思い浮かべるのではないでしょうか。
ましてやサラリーマンという立場では「建設する側になる」とは、なかなか想像しないのではないでしょうか。

もちろん、この話は、親や親戚の土地を譲り受けたという場合の話ではなく、自分たちで土地を買い、新築のアパートやマンションを建設し、人に「貸す側」つまり、大家として生活できるようになると言った場合の話と言えるでしょう。
地主でもないのに、果たしてそんなことが可能なのか、無謀な挑戦なのではないかと思われるでしょう。

しかし、近年では、現にそうやって「大家さん」になるために一歩を踏み出している人も少なくないと言えるのではないでしょうか。
こういった、所謂新米の大家さんの特徴としてはただ一つ「元手となる土地が無い」という事が挙げられるでしょう。
つまり元々地主であるという大家さんのメリットと言える「相続税対策」や「土地活用」といったものは無縁と言えるでしょう。

だからと言って、趣味で展開しましょうというようなことではありません。
真面目に「不動産賃貸業」自体にメリットがあると考えられると思われるからです。
少し冒険のようにも思われるかもしれませんが、勉強や経営努力次第で、立派に大家として生活できるということ、一からのスタートが、決して無謀な賭けでもないということを見ていきましょう。