事業計画について

賃貸事業の経営者として、まず最初に必要になってくることといえば「事業プランを作成すること」と言えるのではないでしょうか。

賃貸経営を行うに当たり、様々な委託業者も増えてきたとされており、このような「事業プラン」を専門的に作成しているという会社もあるようです。
近年では、こういった業者に委託してしまう経営者も少なくないと言え、断固反対はしませんが、そのような場合には、最終結論がまとまりの良い数字などになっていたりしており、その数字だけに惑わされないよう注意することが重要と言えるでしょう。

大切なのは、その事業プランの意昧や内容を理解することと言えるでしょう。
その数字の根拠や、その計算がなされる前の条件を把握し、それ自体が正しい事実であるのかどうかを判断する力を身につけるといったことが重要なのではないでしょうか。

しかし、特に新築でのスタートなどの場合には、多少遠回りのように感じられたとしても、確実に一つ一つの項目を理解しながら、自分で事業プランを作ってみるのが、経営理解への近道とも言えるのではないでしょうか。

そもそも「事業プラン」とは、収支と収益を考えるということと言えるでしょう。

賃貸事業を始める前に考えるべきこととされているため、あくまでも数値は仮定として計算していくことになるでしょう。
この時重要なのは、理想を並べるのではなく、実際に事業を行ったらどうなるのかといった事を想定して進めて行くことといえるでしょう。

これは一般的には「投資シミュレーション」と呼ばれているとされており、個人で行わない場合にも、専門業者では必ずと言っていいほど行われているシュミレーションなのです。
実際に、経営者としての視点から、投資シミュレーションを考えてみてはいかがでしょうか。