住居における間取りの考察

具体的に「どんな間取り」というのが「住宅」需要の候補になり、また、収益を大きく得られものであるのか考えていきましょう。

まず最初に「ファミリー向けの間取り」を例としてあげてみます。
2LDK や3LDKと言った間取りを指しており、都市部では駐車場は必須とされていないようですが、郊外の場合には1~2台分が必要と言えるのではないでしょうか。
ファミリー向けの場合、長期にわたる入居が期待できるといった傾向が見られるようですが、賃料が高い場合には、戸建住宅や分譲マンションといった競合があるため、部屋が広い場合でも賃料には上限があるとされ、結果として単価は低くなるといった傾向も見られるようです。

次に「同棲」や「新婚」などといった少人数向けの間取りを見てみましょう。
これは1DK 、1LDK 、ロフト付1K などというように「2人で住む」ということを前提とした間取りを指しており、2人ともの収入があるといった場合が想定され、ある程度の家賃を支払えるといった層であると言えるのではないでしょうか。
そのため、ファミリータイプと比較してみると単価は高くなっているということが言えるでしょう。

最後に、1R、1Kというような「単身向けの間取り」を見ていきましょう。
こちらは、最低限必要な広さというものから、ゆとりのあるものまで幅広く展開があるとされており、家賃にも大きく差があるようですが、2㎡あたりの単価は最も高くなると言われています。
入居者の層も幅広く、ターゲットが限定されないという点も強みと言えるのではないでしょうか。
しかし、同じような間取りの供給数が多いため、競争が激しいのも特徴と言えるのではないでしょうか。