大家として成功するには?

地主でもなく、大家になるという場合、もちろん元手となる土地はないのが当然でしょう。

まず、土地を購入するところから始まり、新築のアパートやマンションを経営し、利益をしっかりと得なければ成功とは呼べないでしょう。
つまり、一口に「大家」と言っても、地主であった場合と、これから始める場合とでは、当然ですが、スタート時点では「雲泥の差がある」といえるでしょう。

そのため、CMなどで目にするような賃貸経営を想像し、実行したところでなんのメリットもないと考えておいた方が良いでしょう。
それはなんと言っても「元手が無い」という時点でおわかりいただけるように、地主の大家さんよりもより勉強し、より良い経営のためにアイディアを捻出し、工夫して行くことが何よりも必要であると言えるのではないでしょうか。

採算の取れる事業計画を練り、慎重に、かつ大胆に実行して行くと言った事を積み重ねて行くことができて初めて、これから「大家さん」になる人であっても賃貸事業で収益をあげることも可能と言えるのではないでしょうか。
何も「働かなくて安定した収入になりますよ」と安易に言っているわけではないことはおわかりいただけるのではないでしょうか。

そもそも不動産の賃貸経営には知識や経験が必要であるため、これから始めるなんて、やっぱり無謀な挑戦であると思われるかもしれませんが、全ては自分次第と言えるのではないでしょうか。
経験は積んで行くものであり、知識がなければ取得すれば良いのです。
賃貸事業を始めるために不動産屋で経験を積んだり、勉強のために建設会社に勤めるというのも悪くはないですが、選択肢はそれだけではありません。
後々の「手間のかからない副業」として収入を得ることを目標とし、現在している仕事の合間に頑張っていく方法だってあるのではないでしょうか。