家賃収入を予測する

まずはじめに「事業プラン」の基本となる数値である「売上=家賃収入」から考えていきましょう。

一般的に業者に委託した際、新築でのシミュレーションなどの場合に最初に挙げられるとされているのは「建築費」ということが多いようです。
しかし、賃貸経営者の場合、一番大切なものである「売上げ」を基本に考えるべきだと言えるのではないでしょうか。
また、建築費というものは交渉によっても変化してしまうとされますが、家賃というのは、その地域や間取りなどによる相場がある程度決まっており、多少の変化はあるものの、ほほ確定されていると言えるのではないでしょうか。

家賃が決まっているということであれば、その収入の範囲内で予算を立てて行けばいいということになるでしょう。
「建築費の上限」「土地代の上限」などを想定した上で、実際にどのようにコストがかかってくるのかといったことを比較して行くことが必要になってくると言えるでしょう。

しかし、建設会社を主体としてプランを立てた場合、結果を良くしようという操作が働き、相場よりも高い家賃設定をされてしまうといった危険性があるため注意すべきと言えるでしょう。
シミュレーションは、現在の相場での「家賃収入」をもとに行うことが大切と言えるでしょう。

現在の相場を知りたい場合には、インターネットなどを活用し、賃貸物件情報などを見ることによって簡単に調べられる時代となっています。
実際に購入を計画している地域に出向いてみるのも良いかもしれません。 
より多くの情報を集めて比較することで、より確実な相場を知ることができるのではないでしょうか。

また、募集家賃=入居家賃ではないということも注意しておくと良いでしょう。
入居時に減額を求められているといったケースも、近年多く見られているようです。