ターゲットの土地とビジョン

土地購入のターゲットとする地域を決めたからといって、確実に新築アパートやマンションのオーナーになれるとは言えないでしょう。
インターネットなどを活用し、そのターゲットエリアの土地を探し当てたとしても、きちんとした「プランニング」の実力が伴っていなければ、どれだけ実績のある工務店であっても見積もりを合わせられるところはないと考えなければならないでしょう。
「プランニング」とは、その土地に、どれだけ戸数が取れて、どのような建物が建てられるかということを把握した上で、実際に工務店に予算と希望を伝える際に必要なものと言えるでしょう。

それがわかるようにならなければ、いくら安く土地を購入しても、そこを上手に活用できずに終わってしまうため、新築の賃貸経営には必須の要素であるということが言えるのではないでしょうか。
それを身につけるには「法規」を勉強し、だいたいその土地には何戸部屋が造れるかという感覚を養うことが大切であると言えるのではないでしょうか。

こういったことが出来るようになれば、失敗が減るどころか、なぜ失敗していたのかといったことも理解できるようになり、今後の経営にも充分に役立てていけるということが言えるのではないでしょうか。

土地を目にした時、どんな形態の建物が建築できるのか。
家賃はどれほどに設定して、利回りはどれぐらいが予測できるかといったことまで即座にわかるようになれるよう、繰り返しイメージし、計算して身につけて行くといったことが重要なのではないでしょうか。
ただ「土地を買う」だけであれば簡単ですが、そこにどういったビジョンを持ち、計画を立てられるかということも、新築経営には必要だとの見方もできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です