都心で利回りを生み出す秘訣

利回りが高ければ高いほど、賃貸経営は成功していると言えるのではないでしょうか。
そして、それを叶えるために浮かぶのは「どうしたら安く土地を仕入れることができるか」ということであり、これは、新築を始める初心者が抱くのはもちろん、土地を数多く仕入れているといった建売業者の命題とも言える問題です。

土地の選定条件や値下げの戦略材料として、長い期間売れ残っている土地であるとか、競合が少ない土地であるというような指標はあるものの、同じ指標でも案件により良し悪しは様々であると言えるでしょう。
数字や基準などはあるにはあると言えるでしょうが、この場合にはそれ以外の「感性」で判断する部分が非常に大きいのではないでしょうか。

これは物件の「匂い」というか、物件を見ての直観のようなもので判断するしかないといえるのかもしれません。
「どれ位まで値下げが可能であるのか」とか「すぐに先方の希望価格で購入しておくべきか」といった一瞬よぎるというような感覚を磨くことが重要と言えるのかもしれません。

これも経験して行くうちに身について行くものであるため、まずは経験を繰り返し、反省し、積み重ねていって、成功に必要なものを感覚で捉えるという努力が必要であると言えるでしょう。

場数を踏み、経験と成功が結びつくようになると自分の中に「独自のノウハウ」が生まれていることに気づくのではないでしょうか。
それは、言葉などで伝えることのできない大切な自分の武器であると言っても過言ではありません。

例え多くの時聞がかかったとしても焦らずに、前を向いて一歩一歩積み重ねて行くことこそ、成功への道となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です